今週の心の童話

ジョイ猫物語 第三章(2)

戻るバックナンバー |

【続きが何週も更新されない時には、バックナンバーをクリックして読むことが出来ます】
そして『ジョイの様子じゃ、花ではなく・・・わしの方が頑張らねばならんのかもしれんな』
と、老いた体に囁いたのだった。
その時、
「ニャーニー!ニャーゴー!」
猫式「縄張り友情」を求めるマナーの挨拶がドアの外から聞こえてきた。ジョイはこの雪振る中を誰だろう、と急いで玄関へ向かう。
追いかけるサムがドアを開けると、そこにいたのは雪の衣に包まれた親友バルナバだ。
「ブルブルッ!」
雪を全身から払い、ダークレッドの体に戻りながら、
『「やあ、ジョイ!驚いたかい?」』
と、陽気に笑うバルナバ。
『「バルナバ!とにかく入るんだ、君はいつから雪遊びが好きになったんだい?」』
と、ジョイ。サムが暖炉の前に二匹の席を準備してくれる。そのサムに対してバルナバが「ニャー!」の一声と共に、足元へ小柄な筋肉質の体を軽く甘えるように摺りつけてから、暖炉前に座る。
さすがに老人を慰める天才猫バルナバの流儀に、ジョイは感心する。嬉しそうに肩をすくめるサムを背にして、二匹の会話が始まった。ジョイがねぎらうように語り出す。
『「こんな雪の中を通って、僕の家までたどり着くのは大変だったろうね」』
『「いやー、沢山の人間が通りを歩いていたよ。クリスマスシーズンとあって、忙しそうにね。だから、危険はないさ。でも、やはり猫仲間には全く会わなかったよ。おかげで面倒な縄張りご免友情の挨拶は不要だったから、スムーズに来れたけどね。勿論ラブにも会わなかったぜ、ジョイ!」』
親友ジョイをからかうバルナバ。一瞬、金の首輪を恥じらうかのように揺らしたジョイであるが、
『「退屈していたから、遊びに来てもらって嬉しいよ」』
と、歓迎をあらたに深める。
『「残念ながら、今日は遊びではないんだよ。実は、我らのプリンス・ラファエルの一大事でね。君に是非聞いて確かめたいことがあったのさ」』
バルナバがいつになく真剣なゴールドの眼をジョイに向けはじめる。

■今週の童話 (更新曜日: 毎週火曜日 )■
開始年月日<2018/7/27>  現在<95>回目

心のサプリメント