◆ランダム格言◆

『孝行のしたい時分に親はなし。』

「子を持って知る親の恩」と言うように、本当に親の恩を知るには時間がかかるようです。そうして、親孝行をしたいと思ったときには、もう親はいないかも知れません。そうなりたくはありません。それで、親にどれほどの恩を負っているかを推論してみましょう。親の愛と労苦は返しきれるものではありませんが、子供としてできる最善の親孝行をしましょう。手遅れにならないうちに今それをしましょう。
━Check Point━
 □@親から受けた恩を推論する。
 □A今親孝行をする。
 □B子供であるあなたにしかできない孝行をする。
 □C
 □D

〓〓補足資料〓〓
「孝行」
子が親を敬って、親によく尽す行ない。
「子を持って知る親の恩」
親の苦労を味わって初めて、自分を育ててくれた親の愛情やありがたさが理解できるということ。

■子供にしか出来ないことは何か、良く考える。

-NO.41-
(日曜日追加)
バックナンバー
-HOME-